MIRAIE > 小耳ブログ
2017-10-12
■大人の山歩き ミドルコース
  上り2時間45分、
  下り2時間10分  他休憩50時間

無料駐車場→(30分)ビューP・ベンチ→(10分)富士見台ら湧水→(3分)富士見平一(30分)階段→(10分)階段→(1時間20分)山頂【休憩40分】

山頂より富士見平まで→(約1時間30分)【休憩】→(40分)駐車場

□標高 2230m  標高差720m
  
 高山植物は全く見られない様ですが、広々した視界と見たこともない大きな岩がゴロゴロと。
 富士見平小屋の富士見平ビールと鹿のウインナーを頂きました。
                      :水木会
 
 
■大人の山歩き ミドルコース
  上り3時間30分(南登山道)、
  下り2時間30分(西登山道)他休憩40時間

一の鳥居苑地料駐車場→(15分)登山道入り口→(50分)水場【10分休憩】→(5分)富士見の水場一(10分)天狗の硯石→(35分)分岐→(10分)鳥居→(5分)飯縄神社→(10分)山頂【休憩30分】

山頂より西登山道で中社まで下山→約2時間30分→バス15分

□標高 1917m  標高差790m
  
 第一不動明王から第十三虚空蔵菩薩まで、その都度、標高が出ていて励みになりました。
 中社からのバス便が1時間に1本の為、西登山道の下りは調整がポイント。
                      :水木会
 
 
■大人の山歩き ミドルコース
  上り4時間、下り2時間40分、他休憩40時間

有料駐車場→(25分)東屋→(1時間半)根子岳【休憩10分】→(1時間35分)分岐一(20分)山頂【休憩30分】

山頂より中四阿経由で下山→約2時間40分

□標高 根子岳2207m・四阿山2354m  標高差770m
  
 上りも下りも笹に囲まれてのイメージ。
根子岳より四阿山に向かう上りは急登で、背の高い笹藪。
秋の花がおもてなしを。ツリガネニンギン・シラタマノキ・ヤマハハコ・ワレモコウ・ウメガチソウ等。
  
                      :水木会
 
 
■大人の山歩き ミドルコース
  上り4時間半、下り3時間、他休憩1時間

有料駐車場→(60分)不動の滝→(50分)4合目→(5分)ヘリポート一(15分)5合目→(30分)6合目→(30分)7合目→(40分)8合目→(20分)展望台→(10分)9合目→(15分)山頂【休憩35分】 
下り
山頂→約3時間

□標高 1945m  標高差1100m
  
 とにかく、9合目まで急登、ロープ、岩の連続。眺望も滝と展望台の2カ所だけで、楽しむ場所が非常に少ない。 
また、この時期のこのコースは花らしい花は、シモツケソウと山頂のマルバタケブキぐらいでした。
 参考:マルバタケブキ=丸葉岳蕗
  
                      :水木会
 
 
2017-07-27
■大人の山歩き ビギナーコース
  約4時間10分  休憩込み

浄土平駐車場→(50分)酸ヶ平→(3分)避難小屋→(45分)一切経山 山頂【休憩35分】→(30分)酸ヶ平分岐→(7分)鎌沼→(25分)姥ヶ原分岐→(50分)下山 
下り
山頂→約2時間40分

□標高 1949m  標高差370m
  
 一切経山からの五色沼(魔女の瞳)は、その名の通り綺麗な色をしていました。
 植物は、なかなか育たないなかで、ゴゼンタチバナ、ミヤマリンドウ、マルバシモツケ、マイズルソウ等顔を出していました。
  
                      :水木会
 
 
■大人の山歩き ビギナーコース
  上り 約3時間45分 下り 約2時間40分
  (約7時間10分)休憩込み

上り
武尊牧場駐車場→キャンプ場→(10分)登山口→(30分)田代分岐→(30分)避難小屋→(1時間30分)鎖場→(30分)中の岳分岐→(35分)山頂 【休憩35分】
下り
山頂→約2時間40分

□標高 2158m  標高差750m
  
 登山口より程なくして、ヒメカイウが見られその後は、数少ない花々が(ゴゼンタチバナ、ギンリョウソウ、イワカガミ)。
 最初の鎖場は、やや困難(危)。
 笹清水は、ちょぼちょぼ。(飲めません)。
 三ツ池は、残雪あり(踏み貫き注意)。
  
                      :水木会
 
 
2017-06-30
■大人の山歩き ビギナーコース
  上り 約2時間30分 下り 約1時間40分
  (約4時間40分)休憩込み

上り
猿倉登山口駐車場→(15分)水場→(50分)ベンチ→(25分)小田代→(30分)田代湿原→(5分)田代山山頂→【休憩35分】
下り
山頂→約1時間40分

□標高 1926m  標高差500m
  
 この山も歩き始めて間もなくギンリョウソウを見つけ、その後も群生していました。
 小田代と田代湿原では、ワタスゲが見事に揺れてその合間に秘めシャクナゲやチングルマ、イワカガミ。そして小さいながらも存在感のあるタテヤマリンドウが鮮やかななブルー色。
  
                      :水木会
 
 
■大人の山歩き ミドルコース
  上り 約3時間25分 下り 約2時間50分
  (約7時間00分)休憩込み

上り
長者の森駐車場→(約1時間10分)鉄塔下→(10分)白岩分岐→(40分)見晴台→(40分)前衛峰→(50分)山頂【休憩35分】
下り
山頂→約2時間50分

□標高 2112m  標高差880m
  
 歩き始めて30分程でギンリョウソウを見つけましたが、唯一他では咲いていませんでした。
 手を広げたくらいの大きさシダ、僅かながらのシャクナゲ、下を見るとヒイラギソウ、上を見るとコメツガとシラビソ林。
 頂上に来て初めてイワカガミが見れます。 
                      :水木会
 
 
2017-05-12
■大人の山歩き ミドルコース
  上り 約4時間20分 下り 約3時間30分
  (約9時間00分)休憩込み

上り
日向大谷駐車場→(約35分)会所→(60分)八海山→(35分)弘法の井戸→(15分)清滝小屋【休憩10分】→(20分)産体尾根→(40分)両神神社【休憩10分】→(30分)両神山山頂【休50分】

□標高 1723m  標高差1090m
  
 清滝小屋までは、気持ちよく軽快に写真を撮っていましたが、思っていた以上に鎖場が長く休憩が増えてしまいました。
 清滝小屋にシャクナゲが両神神社を過ぎるとアカヤシオが映えてました。
 バイケイソウが見事に斜面を専有し、ニリンソウ・クワガタソウの間に唯一1本咲いていたのが、オドリコソウでした。
 山頂からも富士・甲武信・八・浅間・…くっきりと眺望。
 
                      :水木会
 
 
■大人の山歩き ミドルコース
  (約6時間00分)

大峰山駐車場→(約35分)大峰沼→(15分)大沼峠→(45分)キレット→(20分)大峰山→(60分)分岐→(35分)吾妻耶山→(15分)展望場所(休20分)→(25分)リフト横→一部ゲレンデ歩く(40分)分岐→(25分)大峰沼→(25分)駐車場

□標高 大峰山1254m 吾妻耶山1341m 標高差480m
    
  
 大峰沼を過ぎて、初っ端に急登が待っていました。積雪時にはかなり困難な場所です。また、大峰山の手前には、長い急階段が下りて上って。展望は、吾妻耶山の展望場所までお預けで、その分見事でした。
 双眼鏡では、谷川岳の西黒尾根の登山者が雪上を次々と歩いていました。
 スキー場わきには、フキノトウが綺麗な色をキクザキイチゲやカタクリも見られました。
 

                      :水木会